忍者ブログ
記録用の自己満レビューですが、参考になれば!!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

sabaku.jpg










作;伊坂幸太郎

オススメ度;★★★★☆



好き!!伊坂さんの作品は読みたいなぁと思っていたんだけど、
「鴨とアヒルのコインロッカー」が映画化されて、
なんか取り上げられてる人みると、読む気うせちゃうみたいな、
そんな無意味なアンチ根性があってみなかったんだけんども、

こちゃおもろい!てか好き。
読みやすいし。

本当に頭いい人ってのはこう分かりやすいのも作れるもんだよね。

話としては、仙台の某国立大学に入学した主人公が
仲間たちと共に麻雀やら超能力やら強盗やらと関わって
すごしていく、という話を日記調に語っている話です。

はい。普通ですけどね。
けど、普通じゃないよ。

主人公と、それを取り巻く友人たちがかっこいい。
ださいけどかっこいい。

好き!!
PR
neverland.jpg











作;恩田 陸

オススメ度;★★★☆☆



主人公の通う高校には寮があり、松らい館と呼ばれている。
毎年、年末になると皆、帰省するため、寮に残るのはほんの数名。

主人公、美国はある事情から今年は寮に残ることを決める。
居残り組み3人と、意外な来客の4人で過ごす数日間。

いつもと同じ場所なのに、いつもと違う空間がそこにはあり、
短い期間で4人はそれぞれの関係を築いていく。


いつも思うんですけど、小説に出てくる若い子って
みんなかっこよくて、頭が良いけどなんででしょう??
僕が高校生の時なんて、そんな言葉しらなかったし、
そんなこと考えてもいなかったし、感じても居なかった。
っていつも思うんです。

いや、でもあれですかね?やっぱり作家さんともなると
頭がえぇから若い頃からそんなこと考えたりするのが
「リアル」にあるのかなぁ??

いやね、別にそれが嫌だっていうんじゃないんです。
確かに、登場人物に魅力がなかったら入り込めないし。
だから、いいことだとは思うんですけど。

みんなそうだから。なんでだろうって思って。

あぁぁああ。なんかすごい棘のある言い方してるけど、
ほんとに悪意はないんですよ。
お願いですよ。ほんと。

この小説は思春期の重苦しい部分をフューチャーしていて、
見ていて苦しい人は苦しいんじゃないでしょうか??

でも、思春期ってこういうもんだよね。危ういよね。
なんか。

でもそこがいいよ。おりゃまだ危うく居たい!!!
そう思われたでごあす。

 



pazuru.jpg












作;山田 悠介

オススメ度;★★☆☆☆



バイト先にね、置いてあってね、休憩中に読んだのさ。
すぐ読めちゃうよ。気楽に。
山田悠介氏ってまだ26歳?くらいですよね。若いね。

他の作品はリアル鬼ごっこくらいしか読んだことないけどさ、
若者に人気ってのはすごくわかる。

なんつーか、発想がね。
設定は斬新ですよね。オリジナリティーがある。

だけど、なんかさ、登場人物に魅力がないんだよな。
だから、ぺたーーって読んでしまう。
キャラがたってないかんじがしちゃうんだよなぁ。
せっかく面白いのにな。

はいりこめない。




忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[11/16 ちゃむ]
[11/16 まつん]
[11/13 ちゃむ]
[11/12 なぎすけ]
[11/12 ちゃむ]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
カウンター
アクセス解析